いただきまぁ~す。(*´人`)

chizumaru8.exblog.jp

成人式

娘の成人式を迎えるにあたり考えていた事、迎えて思ったこと。
今日は長文で語っていますので(笑)、画面を閉じるなり、ワタクシのひとりごととサッと読み飛ばして頂ければ幸いです


娘が成人式を迎えました。
a0144399_11435885.jpg

心配されたた雨も式典の間はなんとか天気ももってくれて、足元も汚れずにすみました。
無事にこの日を迎えられた事、たくさんの人や事柄に感謝しなければいけないと、私自身が考えさせられた1日となりました。


我が家はそんなにお金持ちではありません。(笑)
けれども成人式を迎えるには結構お金がかかりました。
振袖もレンタルすればもう少しコストを抑える事も出来ましたが購入しました。
ある方に振袖はレンタルなのか買ったのか聞かれ、買ったと答えると「ひとり娘さんですものね」と言われました。
確かに大事なひとり娘なのですが、理由はそう言う事ではないのです。

私の育った家庭は元々裕福ではなかったし、父を早くに亡くしたので母が働いて家族を支えていましたから贅沢なんてできないし、我慢する事も多かったと思います。
欲しいものなんてだいたい買ってもらえず、気持ちはやさぐれていくばかり。
やりたい事や夢はありましたが、進学はせず高校を卒業すると就職しました。
(家計だけの問題ではなく、オツムの方の問題が大だったという噂も。笑)

19歳の時に呉服屋さんに飾ってあるステキな振袖を見つけました。
この振袖をどうしても欲しくて母に相談すると「20歳のお祝いに買ってあげる」と予想外の答えが返ってきました。
今思うと我が家の家計にとってはかなり高価だったし、なんで買ってくれようと思ったのか不思議に思いましたが、その時の私は母に感謝するよりも嬉しい気持ちの方が大きくてただただ有頂天になり、たまには買ってくれてもいいじゃん〜なんて、今思えばたわけた事を思っていました。
成人式当日も気に入った振袖が着られて嬉しくて夢のような1日でした。

娘の成人式の準備をしなければいけなくなった頃、自分の時の事を思い返しました。
たった1日の為に大枚はたいて購入してくれた母に今は感謝していますし、今自分が母になって思えば欲しい物を買ってあげられないというのは、それはそれで苦しいものなんだという事。
しつけとして買えるけど買わないものとは少し違うということなんだと理解できます。

そんなわけで母を真似て、振袖を娘に用意してあげるという事をしてみたくなったというわけなのです。
もったいないから私の振袖かレンタルでいいと本人は言っていましたが、私の勝手な自己満足で家計を省みず購入する事にしました。
相談もせずに買って帰ってきた事に文句も言わず(金額聞いて驚いてたけど。笑)認めてくれた夫にも感謝です。


a0144399_11435957.jpg

母は私の成人式の事はその当時忙しくてあまり覚えていないと言っていました。
確かに思い起こせば帰宅しても母はいなくて、近所の方が写真を撮ってくれたんだったけ。
人の100万倍シャイなワタクシ、なかなか思った事を口に出して言えませんが、今更ですが母に感謝の気持ち込めてお赤飯を炊いて、ぶっきらぼうに渡しました。
そんな意味が込められている事を知らない母は、その日の食糧にありつけてたいそう喜んでいました。(笑)




式典後は学校ごとにパーティがあり、楽しげに帰宅した娘からいろいろ話を聞きました。
まつエクをして人相が変わってしまった娘は(笑)、友人や先生から「誰?(´・ω・`)」と言われまくりだったようで、小学校の時にお世話になった先生にも「誰か分からない」と言われ、「〜ですよー」と名前を言った途端泣かれたそうです。
「あの時はあなたが大丈夫か、職員みんなで心配してたのよー( ;∀;)」
そういえばいろいろあって学校に行けなくなったり、今は家族は笑ってしまうエピソードになってしまった事ですがその事を覚えていてくれて、当時とても心配してくれていた事を知りました。
きっと娘だけではなく、今まで関わったたくさんの子どもたちを心配し、育ててくれていたんですね。
先生方には頭が下がる思いです。

成人式を機に、子どもも私自身もたくさんの人に支えられて大きくなったんだと改めて知る事が出来ました。

私はもうすぐ50歳になりますが、まだまだ何も知らないひよっ子のようです。
あと50年かけてニワトリになれるかもわかりませんが、まだまだ勉強しなければならないようですね。

(って100歳まで生きる気なんか〜いっ!)




焼く前のガレット・デ・ロワはUFOみたい。(笑)
a0144399_14435426.jpg

「ガレット・デ・ロワを楽しむ会」にはたくさんの方々にご参加頂き、本当にありがとうございました。
当日キレイに焼きあがるかちょー心配していたK先生ですが、全てのマドモアゼルのガレット・デ・ロワがエレガントに焼きあがりました。
食べていただく分のガレットにフェーブを仕込むと言う、ワクワクする大役をワタクシが務めさせて頂きました。(笑)
当たった方も当たらなかった方も、全てのマドモアゼルに幸多かれ〜






[PR]
by mame6_6 | 2017-01-10 14:50 | Comments(0)